多くの人が発症している心の病気|うつ病について詳しく知ろう

前向きになれる治療

心の負担を軽減し症状改善

医療

精神科や心療内科では、心にしっかり働きかけうつ病改善の為の治療を行っています。どちらも心にアプローチを掛けてくれると言う面では同じであり、きちんと通う事で症状改善につなげる事が出来ます。きちんと安心して通えるクリニックを見つけましょう。

手伝いすぎないのがコツ

女の人

一度休職した後に、まだうつ病が寛解していない同僚と働く機会があるかもしれません。その時はミスが多くてもまずは本人に任せることが大事です。ただし、再発のサインを見逃さないよう注意が必要です。支障をきたすようなら上司に相談します。

心の病は早期の受診を

男の人

自身の状況の把握が重要

現代社会において、うつ病をはじめとするメンタルの不調は珍しいものではなくなりました。かつては「病気」としての認識がなく「さぼっているいるだけ」「気合が足りない」などと非科学的なことが一般的に言われてきました。しかし最近では様々なメンタル不調について、医学的な研究もすすみ、その原因や対処法も徐々に明らかになってきました。一般的には「うつ病」とひとくくりにされることが多いですが、心の病はうつ病だけではありません。動悸や息苦しさなどが生じ、「死」への恐怖感を伴う「パニック障害」や、常に強い不安感が伴う「不安障害」、新しい環境は人に馴染むことができないことから生じる「適応障害」などさまざまな病気があります。またこれらが複数おきている場合もあります。気をつけなければいけないのは、本人がこれらの病気を自覚していない場合があると言うことです。精神科や心療内科への受診に対して、以前ほど抵抗を感じなくなってるかもしれませんが、本人が気がつかなければ、受診につながりません。メンタルの不調は体に具体的な影響が生じることがあります。例えば、頭痛や吐き気、肩こりなどです。しかし一般的にこういった症状が出た場合、「風邪かもしれない」「疲れすぎかな」などと考え、うつなどの心の病とは考えない人が多いでしょう。当然ながら、専門医の早い受診は何よりも重要なことです。そのためにも自分の心の状態を理解しておくことが重要です。今ではインターネットなどで、公的な機関や病院がストレスの状態を確認できる簡易テストを用意しています。また企業に2015年12月から実施が義務付けされた「ストレスチェック」を利用するのも有効です。このチェックは、労働者が自分自身のストレスの状態を把握するためのもので、うつなどの症状を自分自身で早く気がつくために実施されるものです。チェックの結果は厳格に管理され、企業が個人情報を把握することは原則として出来ません。一方で、うつなどの症状が悪ければ労働者から会社に相談をして、産業医との面談や、業務の軽減なども相談できる可能性があります。こういった機会を利用して、まずは自分のメンタルの状態がどうなっているか、早く気がつくようにしましょう。そしてもしも自分の状態があまり良くないと感じたら、早めに専門医を受診することが必要です。精神科、心療内科、うつ、などでインターネットで検索すれば近所の病院や評判を調べることができます。またこのような病院に行くことは少しも恥ずかしいものではありません。風邪の時に内科を受診するのと同じと考えましょう。今や、うつ病を始めとする心の病は決して不治の病ではありません。投薬をはじめ様々な治療方法があります。他の病気と同様、早めの治療が早い完治につながることは言うまでもありません。専門医の意見を聞き、治療につとめましょう。場合によっては会社の休職制度などを利用することも可能かもしれません。多くの会社では、もはやうつ病などのメンタル不調を特殊な病気とは考えていません。早く治して、職場の復帰ができるようにサポートしてくれる会社が多くなっています。自分自身の状態を把握して、「うつ病なのではないか」など少しでも不安がある場合は早めに病院に行くようにしましょう。

まじめな人に多い病気

男性

発症する人が増加傾向にあるうつ病は、几帳面な人や真面目な人が発症しやすくなっています。精神科では、薬物療法や精神療法を取り入れながらしっかり治療を行ってくれるでしょう。是非安心して通う事が出来るドクターを見つけ早期に治療を開始しましょう。