多くの人が発症している心の病気|うつ病について詳しく知ろう

医者
  1. ホーム
  2. 心の負担を軽減し症状改善

心の負担を軽減し症状改善

医療

クリニックの特徴と違い

身近な人が発症する可能性があるうつ病は、決して他人ごとの病気ではありません。身近な人だけではなく、もちろん自分が発症してしまう可能性もあります。しかし、そんなうつ病に対して、正しい知識を持っていなければ、いざ周りの人が発症してしまった場合、正しい対応をする事が出来なくなってしまうでしょう。その為、事前に正しい知識を身につけておく事が大切です。そんなうつ病ですが、発症してしまった場合は精神科や心療内科でしっかりと診てもらう必要があります。では精神科や心療内科では実際に診てもらう場合、どの様な違いがあるのでしょうか。まず、精神科は精神の疾患を専門的に取り扱っているクリニックになります。精神疾患とは心の病気であり、抑うつ状態や不眠、幻聴や妄想といった書状の治療を行っています。うつ病は、身体だけでは無く、心にも様々な症状が出てくる病気です。その為、精神科に通う事で、精神疾患のプロが心身共にしっかりとアプローチを掛けてくれるでしょう。では心療内科はどうでしょうか。心療内科では主に心身症の治療を行っています。心身症は身体の病気ではありますが、心に何らかの問題がある場合、身体にも様々な症状が現れてくる為、うつ病などの治療も行っています。精神科や心療内科を利用した場合、最初にカウンセリングを行ってくれます。このカウンセリングでは症状がなぜ発生しているのか、心にどの様な問題を抱えてくれるのか、専門的な立場からしっかりと調べてくれるでしょう。うつ病自体、何が原因で起きてしまっているのか、現在の研究でも分かっていません。しかし、心に大きな負担が掛ってしまった場合などのストレスもこの病気を発症してしまう要因の一つであると言う事は分かっています。その為、精神科や心療内科では身体だけでは無く、心にもスポットを当ててしっかり治療を行ってくれるでしょう。治療内容としては薬物治療や精神療法を主に行っています。薬物療法では抗うつ剤を中心に、その人に合った量を調整して処方しているでしょう。近年、うつ病に効果のあるお薬が多く開発されています。それらを組み合わせて処方する事で、抑うつ状態を改善したり、不安などを取り除いたりする事が出来るでしょう。また、精神療法ではその人の根深いところにあるストレスの原因は何なのか、カウンセリングを通してしっかり確認、その原因を取り除くべく心にしっかり働き掛けてくれます。心の不安を少しでも取り除く事で、患者さん自身の精神的な自立を支援し、従来の生活を取り戻す為にしっかりサポートしてくれます。また、認知行動療法なども取り入れながら、患者さん自身のネガティブな考え方の修復なども行っているでしょう。心と身体、どちらにもアプローチを掛けると言う面では、精神科も心療内科も同じであり、症状の改善の為に様々な治療を行っています。この病気は治療期間は長引く事が多くありますが、きちんと専門家で治療を行う事で、少しでも早くその症状を改善する事が出来るでしょう。まずは自分にとって安心して通う事が出来るクリニックを見つけて、しっかりと治療を開始する事が大切です。