多くの人が発症している心の病気|うつ病について詳しく知ろう

医者
  1. ホーム
  2. まじめな人に多い病気

まじめな人に多い病気

男性

発症しやすい人の特徴とは

現在うつ病を発症している人が100万人を超えると言われており、いつ誰が発症してもおかしくありません。ではそんなうつ病の特徴を詳しく紹介していきましょう。まず、このうつ病は中高年の男性に多い病気と言われています。しかし近年若者でも発症する人が増えており、年代問わず注意が必要が病気です。また、未だこのうつ病の原因は解明されていません。ストレスなど様々な要因が重なる事で発症してしまうと言うところまでは分かっていますが、根本的な部分は分かっていないのが現状です。しかし、うつ病の治療についてはどんどん進んでおり、薬物療法や精神療法を用いる事で症状を改善する事が出来ます。また、うつ病を発症しやすい人の特徴に几帳面な人や正義感の強い人、真面目な人が多くいるでしょう。これらの人は、生真面目で一生懸命何事にも取り組む分、自分で何でも抱え込んでしまい、それが強いストレスとなり心に大きな負担となっている場合があります。うつ病を発症しない為には、良い意味で物事を気楽に考える事が大切です。失敗してしまったとしても自分を責めすぎるのではなく、次頑張ろうなどポジティブに考える事が大切です。しかし、やはり根本的な性格はなかなか変える事が出来ません。ネガティブな思考の人は些細な事でもついネガティブな方向に持っていってしまう可能性があるので注意が必要です。また、うつ病を発症してしまえば、さらにネガティブな思考が強くなってしまいます。普段なら何でもない言葉であっても、自分を否定しているのではないかなど疑心暗鬼に陥ってしまい、余計症状を悪化させてしまう場合があるので注意が必要です。その為、精神科や心療内科で出来るだけ早く治療を開始する事が大切でしょう。精神科などで行っている薬物療法では、主に抗うつ剤を使用しての治療になります。その時々の状態により、使用する抗うつ剤の種類を変え、また量を調節しています。その効果は徐々に現れ意欲の向上など様々な効果を発揮してくれるでしょう。また、精神療法ではポジティブな考え方に導く為のカウンセリングを重点的に行っています。患者さんの心のストレスをしっかり吐き出してもらい、それに共感しながら少しでも心が良い状態になる様に誘導しているでしょう。自分の中だけでストレスを溜め込んでしまっている場合、知らず知らずの内にそれが大きなストレスになっている場合があります。その事により心だけでは無く、身体にも様々な影響が出てきてしまう場合もあるでしょう。発症してしまうと、なかなか自分だけでは解決する事が出来なくなってしまいます。その為、きちんと精神科の様な専門の場所で適切な治療を受ける事が大切です。誰かに話し、共感してもらう事は心の負担を軽くする上で大切な事です。また、物の考え方が歪んでしまう傾向にある為、それを修復する為にもドクターとのカウンセリングが重要になります。人は誰かに話しを聞いてもらうだけでも心の負担を軽くする事が出来ます。安心して話しをする事が出来るドクターを見つける事が、症状改善の為の近道と考え、是非信頼出来るドクターを見つけましょう。